「AT」タグアーカイブ

AT限定解除するなら教習所?それとも試験場?

AT限定免許を取得したけど、就職でMT限定免許が必要になったり自分の乗りたい車がMT車だったりと後から必要になってしまった場合限定解除という方法で免許を変更することができます。

限定解除できる場所は2つ

  • 運転試験場
  • 指定自動車教習所

この二つですが大きく違うのは練習できるかどうか。

スポンサーリンク



運転試験場で一発試験

運転試験場での料金は、一般受験者 3,000円(試験手数料 1,450円、試験車使用料1,550円)と割とリーズナブルですが何回で合格できるのかがポイントになります。

練習なしの一発合格に自身がある人はこれが一番おすすめ。受験回数✖︎3,000円となりますので回数が少なければ激安でAT限定免許からMT限定免許に限定解除をすることができるのです。

しかし、試験場の試験はそんなに甘くない。普段、車に乗っている人ほど落ちやすいと思っていいでしょう。試験場の場内の試験のみで採点を行うのですがこれが大変。

試験場の中は完全なる法規走行。普段から法規走行をバッチリしてますって人でもきっと法令違反は必ずしています。

気がつかずにしている法令違反

運転免許をもらい一人で路上運転中の動作を思い返してみてください。交差点の曲がる速度、みなさまどれくらいの速度で走っていますか?大体の車が20キロから30キロがいいとこ。

速度を落とさずに進入してくるひとも少なくありません。ここがポイント。交差点の中は徐行の定義があるのをご存知でしょうか?

徐行=約時速10キロ以下。そこまで落として曲がっている車を私は見たことがありません。さらに、右折車は交差点の中心で対抗直進車を優先しますが交差点内に停止していい車の台数は1台になりますので2台目3台目は信号無視になる可能性も。

限定解除で行う課題

試験場のコース及び、教習所のコースで試験を行う場合は課題を必須とします。

  • S字コース
  • クランクコース
  • 見通しの悪い交差点
  • 踏切
  • 坂道
  • 方向変換
  • 縦列駐車

AT免許からの限定解除になりますのでMT車の運転がしっかり理解できているのかも大事。発進停止やギアの変速操作。加速・減速・低速走行。AT免許では楽々できていたようなないようですがMT免許になると多少の難しさは否めません。

教習所での限定解除

教習所では、最低4回の練習を1回の審査で合格できればOK。教習所での限定解除となると入学金や維持管理費などが発生しますので5万から7万くらいかかるようです。

1回の教習が5,000円〜6,000円前後とすると3万弱が技能教習の料金となり10,000万は限定解除審査料金。のこりは入学金に当てられます。

費用としては、やはり一発試験より割高になりますが、4回練習することができるので場内コースのポイントや運転操作の取り扱いなど教えてもらうことができるので審査に受かる確率はかなり高いかと思います。

何回やっても受からないような教習所は指導員の質が問われますもの…。

スポンサーリンク



どちらで免許を限定解除する方がいいのか

結論として、どちらで取ればいいのか。運転に自信がある方は直接試験場で何度か試験を受けた方が断然費用がかかりませんのでそちらをお勧めします。試験場では、土日に場内コースを解放しています。解放されたコースをレンタルし練習することもできますし、場合によっては指導員をレンタルしてくれる試験場もあるようですので走り方のレクチャーを受け試験に挑むのがいいでしょう。

運転に不慣れ・AT免許を取得したばかりのひとはできるだけ教習所に通うのがいいでしょう。以前通っていた教習所などにもう一度通うようにすればコース内のポイントは数回走れば思い出せますし、なんども試験を受ける手間も省けます。

両者とも、技能の試験のみで運転免許の限定解除を行えます。試験に受かれば免許書き換えでOK。閑散期の教習所なら1週間もあれば限定解除が可能です。

しっかりポイントを掴んで法規走行&安全走行で一発合格を目指しましょう。

 

スポンサーリンク



目指せ一発合格!一段階・修了検定突破

一段階の第一関門!技能教習みきわめが終わったらいよいよ技能の検定。これがまたとても緊張しちゃうんです。

修了検定を合格した教習生に感想を聞いてみると、「足がガタガタ震えた」「頭が真っ白になった」「緊張しすぎて何をしたか覚えてない」など様々。

中には全く緊張しなかったという方もいますが、大半は緊張されるのではないかと思います。

 

修了検定の合格点は?

技能検定の合格点は70点以上。0点から始まる加点法ではなく持ち点100点から始まる減点法。

何か、ミスがある度に減点されていくようなシステムになっています。

これが、緊張の元。ダメなら引かれる採点はとても緊張しますね。

頑張れば点数が上がるのであれば気を付けられることもどこでミスをカウントされるのかそこがわからないと安心して技能検定をうけることができません。

では、どのようにして採点をしていくのか見てみましょう。

スポンサーリンク



減点対象はどんな項目?

まず、安全確認が大きなポイントになります。

  • 発進前の安全確認
  • 右左折時交差点の安全確認
  • 左折時巻き込み確認
  • 後退時の安全確認
  • 坂道発進の安全確認

安全確認だけでもこれだけの項目があります。

さらに、交差する道路の優先関係の理解ができているのか。ここは、かなり重要なポイント。優先者妨害は、一発中止の可能性も。

標識や標示の確認も必要です。一時停止や信号、優先道路の標識などもしっかり確認をしましょう。

挟路の通行(S字・クランク)では、ぶつからないことも重要ですがぶつかってもやり直せれば問題なし!

時々見かけるのが、縁石にぶつかったり乗り上げたりしたのにそのままぶっちぎる方。

これは、100%不合格です。件定員は修正能力の有無も見てますよ!

検定コースは覚える必要なし!

技能検定は、検定員が走る道路を指示してくれますので覚える必要はありません。しかし、交差点の番号やS字・クランクの番号・踏切や見通しの悪い交差点などそれぞれ課題のある場所の番号などは覚えておく必要があります。

なぜ覚える必要があるのかというと、各交差点ではしっかりとした進路変更が必要になります。
右折や左折時はあらかじめ必要な分だけ寄せるという行動も採点のポイントになります。曲がる場所がわからないとどうしても進路変更が間に合いませんよね。ここが大事なポイントになります。

加点がないので無理は禁物!

減点法で採点を行っていきますがどんなにパーフェクトな走行をおこなっても100点まで。無理をして速度を出しても加点はありません。まずは、無理をせず落ち着いていつも通りに行えるのが一番。

技能検定を行う前の教習でみきわめを行いますが、このみきわめで合格した人が検定を受ける資格を得ることができます。

簡単にいえばみきわめに受かることができれば検定に受かるレベルということ。だとすれば、検定だけいつもと違う動きをする必要はありませんね!落ち着いて検定に挑みましょう。

スポンサーリンク



教習の不安解消!四輪教習の流れ・入校〜仮免学科試験まで

入校したのはいいけど何をどうすればいいのかわからない。そんな教習生の方もよく見かけます。
受付に相談すればいいのだけど、なんか受付の人が怖く見えてしまったり冷たく感じてしまったり。本来は、なんでも聞ける受付嬢のはずですが教習所ってどこか古風。古臭くぶっきらぼうに思えてしまうのも現実。中には、現代風にラフな教習所もありますが、それでもやはりひと昔前って感じ。
たくさんの不安を抱えた教習所初心者の皆様に教習所の流れを簡単に伝授します。

 

スポンサーリンク



教習所入校〜卒業まで

教習所で、入校手続きをし入校式を受けるところまでは全ての教習生に適用されます。そこまでは日付や時間の指定がありますので安心してください。
それ以降の教習が問題。技能教習は予約制度になるのでいつ、どの時間に、と予定が立ちます。あらかじめ予定が出ているのものはその予定通りに教習所に通ってください。問題なのは学科教習。こちらは教習所によりことなりますがランダムに当てられている各項目の学科を受けるようなシステムになっています。
まずは、一段階の学科からお話ししましょう

一段階の学科数と技能教習の進め方

一段階の学科教習は全部で10時間。これをいかに早く終わらせるかがポイントになります。

一段階では、MT車の場合は技能教習15時間目(免ありの場合は13時間目)・AT車の場合は技能教習12時間目(免ありの場合は10時間目)がみきわめの最短時間になります。技能教習の進み具合に応じ多少伸びる方もいらっしゃいますが大抵は規定時間でみきわめに到達します。
このみきわめを受ける条件は”一段階の学科が全て修了し仮免前効果測定に合格していること”この条件に当てはまらないと一段階の技能教習を終えることができません。

技能教習の進行状況的にはみきわめを受ける資格があっても仮免前効果測定を合格してないことで技能教習をストップせざる負えなくなる可能性もありますので要注意です。