「運転免許」タグアーカイブ

免許更新!もし忘れたらどうすればいいの?忘れないためには?

念願の免許ゲット!

ですが、免許を取得するとどうしても避けて通れないのが『免許更新』

すっかり忘れていて免許失効…なんて人もたくさんいます。そんなことにならないように、しっかり更新についても意識しておくことが大切です。

今回は免許の更新を忘れてしまった時、また忘れないためにはどうしたらいいのかをご紹介していきます!

スポンサーリンク



 

やばい!免許更新を忘れてしまった…!

免許は自動的に更新してくれるなんて便利な機能はありません。

取得した人は必ず自分で更新をしに行かなければならないのです。

わかっていてもうっかり忘れてしまったり、どうしても更新できないという場合もありますよね。

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

 

忘れてから6ヶ月以内ならセーフ!!

免許証の有効期限から6ヵ月以内であれば、セーフ!!なんです。

ただし決まった講習を受講することが決まっています。

視力や運動能力などの適性試験のみで免許証が交付されることになります。

 

下記のような理由でうっかり免許更新を忘れてしまった場合は、セーフと見なされます。

  • やむを得ない理由で有効期間を経過して6か月以内の方。

  • 今回及び前回においてやむを得ない理由で有効期間を経過して6か月以内の方。

  • やむを得ない理由がなく、有効期間を経過して6か月以内の方。

  • 有効期間を経過して6か月を超え3年以内で、かつ、やむを得ない事情が終わった日から1か月以内の方。

 

6ヶ月を過ぎてしまったら…

残念ながら6ヶ月を過ぎてしまうとアウトなんです…。

いわゆる『免許失効』ということになってしまうので、落ち込むとは思いますが諦るしかありません。

免許を1度失効した後に手続きすると、免許取得日が再交付日に変更されるということを覚えておきましょう。

 

また、以前はゴールド免許だった人もブルー免許に変更されてしまいます。

 

この場合はもう一度運転免許取得のために試験を受けなければなりません。とても面倒ですね…。

また、免許を失効してしまうとその期間は当然のことですが、運転すしてはいけません。捕まってしまいます。

 

無免許運転と見なされてしまうので、失効中は間違っても運転しないようにしましょう。

もし無免許運転をしてしまうと以下の罰則が下されます。

●3年以下の懲役、または50万円以下の罰金
●減点25点

どちらにしても最悪ですね。絶対に気をつけるようにして下さい。

スポンサーリンク


免許更新を忘れないようにするためには?

カレンダーに記入しておく

シンプルですが、よく見るカレンダーに免許更新のことをしっかり記入しておくのがおすすめです。

目立つように赤文字やシールなどで派手にしておきましょう(笑)

できれば更新月の2ヶ月前あたりから更新の予定を記入しておけば大丈夫です。

うっかり忘れて再発行するよりも、とにかく念には念を!の心持ちが大切ですよ!

 

アラーム設定しておく

カレンダーでも心配な人はアラーム設定をしておくのがいいそうです。

そこまで!?と思うかもしれませんが、毎日免許のことについて考えている人なんていません。

ハガキもチェックしてなかった…!ということもよくあるようなので、こうなったら音で気付くのがいいもかもしれません。

未来のアラーム設定を、気付いた時にセットしておきましょう。

きっとその時になったら『セットしておいてよかった〜!』と思うはずですよ。

 

冷蔵庫などにメモを張っておく

こちらもかなりシンプルな方法ですが、毎日使う冷蔵庫にメモを張っておくのもおすすめです。

ただ、見慣れ過ぎて張ってあることすら忘れてしまうなんて珍事件もよくあるようなので(笑)、超目立つ文字でデカデカと張っておきましょう!

人間ここまでしないと忘れてしまうものなのですね…とほほ…

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は免許取得者がよくやってしまいがちな『免許うっかり失効』についてご紹介しました。

どうしても何年か先になってしまうので覚えてくのは至難の業。

こうなったら意地でも忘れないように対策しておくのがベストですよ!!

スポンサーリンク


目指せ一発合格!一段階・修了検定突破

一段階の第一関門!技能教習みきわめが終わったらいよいよ技能の検定。これがまたとても緊張しちゃうんです。

修了検定を合格した教習生に感想を聞いてみると、「足がガタガタ震えた」「頭が真っ白になった」「緊張しすぎて何をしたか覚えてない」など様々。

中には全く緊張しなかったという方もいますが、大半は緊張されるのではないかと思います。

 

修了検定の合格点は?

技能検定の合格点は70点以上。0点から始まる加点法ではなく持ち点100点から始まる減点法。

何か、ミスがある度に減点されていくようなシステムになっています。

これが、緊張の元。ダメなら引かれる採点はとても緊張しますね。

頑張れば点数が上がるのであれば気を付けられることもどこでミスをカウントされるのかそこがわからないと安心して技能検定をうけることができません。

では、どのようにして採点をしていくのか見てみましょう。

スポンサーリンク



減点対象はどんな項目?

まず、安全確認が大きなポイントになります。

  • 発進前の安全確認
  • 右左折時交差点の安全確認
  • 左折時巻き込み確認
  • 後退時の安全確認
  • 坂道発進の安全確認

安全確認だけでもこれだけの項目があります。

さらに、交差する道路の優先関係の理解ができているのか。ここは、かなり重要なポイント。優先者妨害は、一発中止の可能性も。

標識や標示の確認も必要です。一時停止や信号、優先道路の標識などもしっかり確認をしましょう。

挟路の通行(S字・クランク)では、ぶつからないことも重要ですがぶつかってもやり直せれば問題なし!

時々見かけるのが、縁石にぶつかったり乗り上げたりしたのにそのままぶっちぎる方。

これは、100%不合格です。件定員は修正能力の有無も見てますよ!

検定コースは覚える必要なし!

技能検定は、検定員が走る道路を指示してくれますので覚える必要はありません。しかし、交差点の番号やS字・クランクの番号・踏切や見通しの悪い交差点などそれぞれ課題のある場所の番号などは覚えておく必要があります。

なぜ覚える必要があるのかというと、各交差点ではしっかりとした進路変更が必要になります。
右折や左折時はあらかじめ必要な分だけ寄せるという行動も採点のポイントになります。曲がる場所がわからないとどうしても進路変更が間に合いませんよね。ここが大事なポイントになります。

加点がないので無理は禁物!

減点法で採点を行っていきますがどんなにパーフェクトな走行をおこなっても100点まで。無理をして速度を出しても加点はありません。まずは、無理をせず落ち着いていつも通りに行えるのが一番。

技能検定を行う前の教習でみきわめを行いますが、このみきわめで合格した人が検定を受ける資格を得ることができます。

簡単にいえばみきわめに受かることができれば検定に受かるレベルということ。だとすれば、検定だけいつもと違う動きをする必要はありませんね!落ち着いて検定に挑みましょう。

スポンサーリンク



教習所激安マジックに騙されるな!

教習所に通う前に確認しておきたい料金システムについて、カズキチ先生の知る限りの情報を共有いたします。

本当の値段は、合計金額でみよう!

自動車教習所で免許をとる場合、学科教習料金・技能教習料金にプラスし、

維持管理費や書類作成費用など様々な料金が含まれているのです。

スポンサーリンク




 

あらゆるところに置いてあるパンフレットやポスターにはその教習所の最安値が記載されていますが、

他校と比べた時に安く見えるような『激安マジック』が行われています。

技能教習追加料金

 

四輪の免許をとる場合、MT免許では一段階15時間+二段階19時間合わせて34時間の技能教習が必要になります。

最初に支払うのはこの34時間分。

仮に技能教習が規定時間で終わらなかった場合は追加料金を支払うことになるのです。

パンフレットでよく見かけるのは「〇時間まで追加料金無料!」のうたい文句。

これはとても親切なような気がしますが実際にはどうでしょう。

 

 

仮に技能教習を追加で数時間乗った場合はもちろん追加料金は発生しないのですが、

もし技能検定が不合格になり補習教習を受けなければならない状況になった場合は補習教習の料金を支払うことになるのです。

だいたい、一時間の技能教習の料金は4,000円〜5,000円が相場でしょうから、検定に落ちた場合には追加料金が発生します。

 

技能検定・学科試験は別料金

入校時に支払った金額の中に、技能検定や学科試験の料金が含まれてない教習所もよくみかけます。

この場合検定申し込み時に支払うことになります。

これは、教習所により異なりますが再受験料の有無も大きなポイント。

中には再受験料金がかからないところもあります。

 

さらに仮免学科試験や仮免前効果測定・卒検前効果測定と学科の試験が3回ありますがこれも、

その都度支払う教習所もあるようなので要注意。

 

最終精算でいくらになるのかが教習所選びのポイント

入校時の金額で教習所を決めるのではなく、卒業時にいくらになるのかが一番のポイントになります。

卒業まで追加料金なし!そんな教習所を選ぶのが一番いいでしょう。

 

追加料金になる項目

  • 修了検定
  • 卒業検定
  • 検定再受験料金
  • 仮免前効果測定
  • 卒検前効果測定
  • 技能教習(規定時間をオーバーした分)
  • 補習料金(技能検定に落ちた場合)
  • 高速道路通行料金(技能教習第二段階高速教習)
  • 当日キャンセル料金
  • 夜間・土日祝追加料金

上記項目は追加料金になる場合がありますので、こちらが全て含まれていることを確認してから教習所選びをした方がいいですね!

ちなみに、私が通った教習所では入校時に支払った金額とは別に仮免学科試験の料金を支払うだけですみました。他の追加料金は一切なし!!

 

皆様も教習所の激安マジッックに騙されないようにしてくださいね!

 

以上、カズキチ先生でした。

短期間で免許を取りたい方はこちら

 

スポンサーリンク