「待ち」タグアーカイブ

キャンセル待ちでどんどん技能教習を進めよう!

教習所の技能教習は基本予約制。教習を受ける人数が多くなると予約そのものに規制がかかることも。1日に乗れる上限まで技能教習の予約を入れてくれない場合はキャンセル待ちでMAXまで乗っちゃおう!

スポンサーリンク



技能教習・キャンセル待ちとは?

四輪の技能教習は指導員1人に対し教習生1人で行う1対1形式。指導員の数と教習生の数が同じでないと成り立ちません。

しかし、指導員も人ですので体調不良や冠婚葬祭などでお休みをいただく場合があります。

そのため、実際に乗れる人数よりも少なめに予約を入れている学校がほとんどです。

技能教習1時間に付き予備の指導員が2〜3名います。(予備とは予約の入ってない指導員)

予備の指導員はどの段階で解放されるかというと当日の朝出勤人数が決まったところで解放されます。

この解放された指導員は予約が入っていないため、当日はキャンセル待ち要員として待機しています。

キャンセル待ちは必ず乗れる!

当日予約に関しては、各教習所によりやり方が異なります。

電話でキャンセル待ちの受付をしている学校や直接学校に行きキャンセル待ち受付をする方法とありますので各学校のやり方を確認しましょう。

 

一番確実なのは、受付スタッフにどの時間が確実に乗れるのかを聞いてみることです。

教習所としても指導員の空き時間は作りたくないもの。よほどでない限り空いている時間を教えてくれるはずです。

ただし、教習終了後の忙しそうな時間帯は控えましょう。

すこし受付が落ち着いた頃を見計らってこっそり聞いてみるのがいいでしょう!

 

キャンセル待ちは受付の早い人から呼ばれていきますので1番目・2番目にキャンセル待ちボードに記入ができれば乗れる確率はあがります。

技能教習の上限

一段階では、2時限がMAX。

二段階では、3時限。こちらは、連続二時間・一時間の休憩を挟みさらに1時間となりますので注意してください。

スポンサーリンク