「延長」タグアーカイブ

教習期限切迫!期限切れになる前に…

9ヶ月間の教習期限。学校や会社に行きながらや子育てをしながらの教習はなかなか思うように進まないようです。学科の時間帯が合わなかったり予定の技能教習を受けることができなかったりと気がつけば期限切迫。

どうにか延長できないかという相談をよく受けるのですが、これだけはどうすることもできないのです。私たちができることとすれば技能教習の予約を早めにとることくらい。

法律で決まった期限は教習所の判断ではどうすることもできないのです。
できるだけ、教習期限内に卒業できるように予定を立てましょう。

スポンサーリンク



教習期限の始まりはどこから?

手続きをした日がスタートのような感じがしますが、教習期限のスタートは入校式を受けた後、先行学科1番を受けた日から始まります。この日から9ヶ月間の中で教習所を卒業することを目指します。

期限の終わりは卒検ではない!

教習期限は、教習を行うことができる期限になります。最短で二段階の19回目の教習がみきわめになりますのでこの見極めをもらうまでが教習の範疇。卒業検定は教習期限が切れても受けることができますので安心してください!

検定にも期限があります!

2段階みきわめ後、卒業検定を合格するまでにも期限があります。これは、見極め合格後3ヶ月以内に卒業検定に受からないと全てが白紙に戻されてしまいますので見極め合格後は早めに卒業検定を受けましょう。

一段階半ばで期限切迫の場合

このままいくと一段階半ばで期限が切れてしまいそうな場合は、まずどこまで進んでいるのかを整理しましょう。やるべきことは学科教習を全て終わらせ仮免前効果測定を合格すること。さらに、修了検定に合格し仮免学科試験に合格をします。

期限切れまでに仮免許証をもらうことを目指しましょう。仮免許証があれば教習所に再入校することができます。仮免許を所持したまま再入校すれば第二段階から教習を再開することができます。

仮免許所持で入校した場合の期限

再入校していますので、教習期限は9ヶ月間と復活します。しかし、注意しないといけないのは仮免許証にも期限があるということ。仮免許証の期限は発行から6ヶ月間になります。

仮免許証がなくなると教習も技能検定も行うことができませんので仮免許証だけは切らさないようにしましょう。

教習期限あり、仮免許証の期限切れの場合

二段階教習中に、仮免許証の期限が切れてしまった場合。この場合は、もう一度一段階の技能検定(修了検定)と学科試験(仮免学科)を受ける必要があります。仮免許証が復活するまで教習はできませんのでご注意を!!

なにはともあれ、教習所にすぐに相談して下さい

期限切迫などで悩んだ時はすぐに教習所にご相談ください。早ければ早いほどたくさんの道が開けますしいくつか皆様をお救いすることができます。期限終了1ヶ月前までは絶対に諦めないでくださいね!

私も、日々教習業務を行う中でたくさんの相談をうけます。相談してきてくれた方々の中に卒業できなかった人は1人もいません。

教習所に相談しにくかったら、いつでも一緒に考えますよ!!

一人が抱えずに、無事卒業できる道を考えましょう!!

スポンサーリンク