「失効」タグアーカイブ

免許更新!もし忘れたらどうすればいいの?忘れないためには?

念願の免許ゲット!

ですが、免許を取得するとどうしても避けて通れないのが『免許更新』

すっかり忘れていて免許失効…なんて人もたくさんいます。そんなことにならないように、しっかり更新についても意識しておくことが大切です。

今回は免許の更新を忘れてしまった時、また忘れないためにはどうしたらいいのかをご紹介していきます!

スポンサーリンク



 

やばい!免許更新を忘れてしまった…!

免許は自動的に更新してくれるなんて便利な機能はありません。

取得した人は必ず自分で更新をしに行かなければならないのです。

わかっていてもうっかり忘れてしまったり、どうしても更新できないという場合もありますよね。

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

 

忘れてから6ヶ月以内ならセーフ!!

免許証の有効期限から6ヵ月以内であれば、セーフ!!なんです。

ただし決まった講習を受講することが決まっています。

視力や運動能力などの適性試験のみで免許証が交付されることになります。

 

下記のような理由でうっかり免許更新を忘れてしまった場合は、セーフと見なされます。

  • やむを得ない理由で有効期間を経過して6か月以内の方。

  • 今回及び前回においてやむを得ない理由で有効期間を経過して6か月以内の方。

  • やむを得ない理由がなく、有効期間を経過して6か月以内の方。

  • 有効期間を経過して6か月を超え3年以内で、かつ、やむを得ない事情が終わった日から1か月以内の方。

 

6ヶ月を過ぎてしまったら…

残念ながら6ヶ月を過ぎてしまうとアウトなんです…。

いわゆる『免許失効』ということになってしまうので、落ち込むとは思いますが諦るしかありません。

免許を1度失効した後に手続きすると、免許取得日が再交付日に変更されるということを覚えておきましょう。

 

また、以前はゴールド免許だった人もブルー免許に変更されてしまいます。

 

この場合はもう一度運転免許取得のために試験を受けなければなりません。とても面倒ですね…。

また、免許を失効してしまうとその期間は当然のことですが、運転すしてはいけません。捕まってしまいます。

 

無免許運転と見なされてしまうので、失効中は間違っても運転しないようにしましょう。

もし無免許運転をしてしまうと以下の罰則が下されます。

●3年以下の懲役、または50万円以下の罰金
●減点25点

どちらにしても最悪ですね。絶対に気をつけるようにして下さい。

スポンサーリンク


免許更新を忘れないようにするためには?

カレンダーに記入しておく

シンプルですが、よく見るカレンダーに免許更新のことをしっかり記入しておくのがおすすめです。

目立つように赤文字やシールなどで派手にしておきましょう(笑)

できれば更新月の2ヶ月前あたりから更新の予定を記入しておけば大丈夫です。

うっかり忘れて再発行するよりも、とにかく念には念を!の心持ちが大切ですよ!

 

アラーム設定しておく

カレンダーでも心配な人はアラーム設定をしておくのがいいそうです。

そこまで!?と思うかもしれませんが、毎日免許のことについて考えている人なんていません。

ハガキもチェックしてなかった…!ということもよくあるようなので、こうなったら音で気付くのがいいもかもしれません。

未来のアラーム設定を、気付いた時にセットしておきましょう。

きっとその時になったら『セットしておいてよかった〜!』と思うはずですよ。

 

冷蔵庫などにメモを張っておく

こちらもかなりシンプルな方法ですが、毎日使う冷蔵庫にメモを張っておくのもおすすめです。

ただ、見慣れ過ぎて張ってあることすら忘れてしまうなんて珍事件もよくあるようなので(笑)、超目立つ文字でデカデカと張っておきましょう!

人間ここまでしないと忘れてしまうものなのですね…とほほ…

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は免許取得者がよくやってしまいがちな『免許うっかり失効』についてご紹介しました。

どうしても何年か先になってしまうので覚えてくのは至難の業。

こうなったら意地でも忘れないように対策しておくのがベストですよ!!

スポンサーリンク