カズキチ先生 のすべての投稿

教習所で小型二輪免許を取ろう!!



日頃原付などを利用している人は、ぜひ小型二輪免許の取得をおすすめします。

原付は、最高速度が時速30キロと低く設定されています。

そのため、自動車の法定速度60キロの道路を30キロで走行しなければなりませんので、周りの車につられて60キロ出てしまうと法令違反。

反則金や減点の対象になることも。

小型免許を取得すると原付行動を走る自動車と同じ速度で走ることができるので、原付よりも車重が重たくなりますので安定感も増加しますよ!

では、それぞれの教習時間や教習ポイントを見ていきましょう!

 

小型二輪免許(MT)第一段階


普通車免許あり・教習時限数

◎一段階5時限+二段階5時限
学科教習は免除になりますので一段階学科教習はありません。

ただし、二段階の危険予測ディスカッションは必須項目になりますので、二段階は学科教習が1時間になります。

普通車免許なし教習時限数

◎技能教習
一段階6時限+二段階6時限
最短技能教習時限数12時限

◎学科教習

一段階10時限+二段階16時限
合計学科教習時限数26時限

小型二輪免許(AT)


普通車免許あり・教習時限数

◎一段階3時限+二段階5時限
小型MT同様、学科教習免除のため1段階学科教習なし・二段階はディスカッション1時限あります。

普通車免許なし・教習時限数

◎技能教習

一段階3時限+二段階6時限
最短技能教習時限数9時限

◎学科教習

一段階10時限+二段階16時限
 合計学科教習時限数26時限

普通車免許なしの方は…

学科教習に加え段階毎に学科のテスト(効果測定)があります。

一段階の効果測定は50問!二段階の効果測定は95問!

二段階の効果測定に関しては本免試験と同じような形式のテストになりますので本免対策と考えましょう。

最後は、卒業検定!!

それぞれ、教習を進めていく中で練習し練習の成果を最後の検定で検定員にジャッジしてもらいます。

検定では、一本橋やS字・クランク・急制動・他坂道発進等の課題や道路交通法による法規走行が重視されます。

さらに安全確認やそれぞれの課題の出来具合などにより点数が変動していくので注意しましょう!

70点で合格!!

技能検定は減点法になりますので、持ち点は最初100点。

そこから走行時にマイナスになるような要因があればどんどんマイナスされていきます。

加点は一切ないので頑張りすぎないことが一番!例えば一本橋!こちらは、タイムが決まっております。

5 秒以上の所要時間で走行すること
とありますが、5秒に満たなかった場合は減点になります。

減点数は5点になりますが100点ー5点でもまだ95点ですので合格範囲になります。

一本橋を頑張りすぎて10秒間滞在しても5秒ギリギリでも点数は変わらず1秒足りなくてもたった5点の減点にすぎません。

それにより一本橋を落ちてしまうことのほうがまずいんです・・・

ということで、頑張りすぎず力を抜いて検定に臨むのが一番のポイントになるかと思います。

頑張ってくださいね!!



 

教習の不安解消!四輪教習の流れ・入校〜仮免学科試験まで

入校したのはいいけど何をどうすればいいのかわからない。そんな教習生の方もよく見かけます。
受付に相談すればいいのだけど、なんか受付の人が怖く見えてしまったり冷たく感じてしまったり。本来は、なんでも聞ける受付嬢のはずですが教習所ってどこか古風。古臭くぶっきらぼうに思えてしまうのも現実。中には、現代風にラフな教習所もありますが、それでもやはりひと昔前って感じ。
たくさんの不安を抱えた教習所初心者の皆様に教習所の流れを簡単に伝授します。

 

スポンサーリンク



教習所入校〜卒業まで

教習所で、入校手続きをし入校式を受けるところまでは全ての教習生に適用されます。そこまでは日付や時間の指定がありますので安心してください。
それ以降の教習が問題。技能教習は予約制度になるのでいつ、どの時間に、と予定が立ちます。あらかじめ予定が出ているのものはその予定通りに教習所に通ってください。問題なのは学科教習。こちらは教習所によりことなりますがランダムに当てられている各項目の学科を受けるようなシステムになっています。
まずは、一段階の学科からお話ししましょう

一段階の学科数と技能教習の進め方

一段階の学科教習は全部で10時間。これをいかに早く終わらせるかがポイントになります。

一段階では、MT車の場合は技能教習15時間目(免ありの場合は13時間目)・AT車の場合は技能教習12時間目(免ありの場合は10時間目)がみきわめの最短時間になります。技能教習の進み具合に応じ多少伸びる方もいらっしゃいますが大抵は規定時間でみきわめに到達します。
このみきわめを受ける条件は”一段階の学科が全て修了し仮免前効果測定に合格していること”この条件に当てはまらないと一段階の技能教習を終えることができません。

技能教習の進行状況的にはみきわめを受ける資格があっても仮免前効果測定を合格してないことで技能教習をストップせざる負えなくなる可能性もありますので要注意です。





教習所激安マジックに騙されるな!

教習所に通う前に確認しておきたい料金システムについて、カズキチ先生の知る限りの情報を共有いたします。

本当の値段は、合計金額でみよう!

自動車教習所で免許をとる場合、学科教習料金・技能教習料金にプラスし、

維持管理費や書類作成費用など様々な料金が含まれているのです。

スポンサーリンク




 

あらゆるところに置いてあるパンフレットやポスターにはその教習所の最安値が記載されていますが、

他校と比べた時に安く見えるような『激安マジック』が行われています。

技能教習追加料金

 

四輪の免許をとる場合、MT免許では一段階15時間+二段階19時間合わせて34時間の技能教習が必要になります。

最初に支払うのはこの34時間分。

仮に技能教習が規定時間で終わらなかった場合は追加料金を支払うことになるのです。

パンフレットでよく見かけるのは「〇時間まで追加料金無料!」のうたい文句。

これはとても親切なような気がしますが実際にはどうでしょう。

 

 

仮に技能教習を追加で数時間乗った場合はもちろん追加料金は発生しないのですが、

もし技能検定が不合格になり補習教習を受けなければならない状況になった場合は補習教習の料金を支払うことになるのです。

だいたい、一時間の技能教習の料金は4,000円〜5,000円が相場でしょうから、検定に落ちた場合には追加料金が発生します。

 

技能検定・学科試験は別料金

入校時に支払った金額の中に、技能検定や学科試験の料金が含まれてない教習所もよくみかけます。

この場合検定申し込み時に支払うことになります。

これは、教習所により異なりますが再受験料の有無も大きなポイント。

中には再受験料金がかからないところもあります。

 

さらに仮免学科試験や仮免前効果測定・卒検前効果測定と学科の試験が3回ありますがこれも、

その都度支払う教習所もあるようなので要注意。

 

最終精算でいくらになるのかが教習所選びのポイント

入校時の金額で教習所を決めるのではなく、卒業時にいくらになるのかが一番のポイントになります。

卒業まで追加料金なし!そんな教習所を選ぶのが一番いいでしょう。

 

追加料金になる項目

  • 修了検定
  • 卒業検定
  • 検定再受験料金
  • 仮免前効果測定
  • 卒検前効果測定
  • 技能教習(規定時間をオーバーした分)
  • 補習料金(技能検定に落ちた場合)
  • 高速道路通行料金(技能教習第二段階高速教習)
  • 当日キャンセル料金
  • 夜間・土日祝追加料金

上記項目は追加料金になる場合がありますので、こちらが全て含まれていることを確認してから教習所選びをした方がいいですね!

ちなみに、私が通った教習所では入校時に支払った金額とは別に仮免学科試験の料金を支払うだけですみました。他の追加料金は一切なし!!

 

皆様も教習所の激安マジッックに騙されないようにしてくださいね!

 

以上、カズキチ先生でした。

短期間で免許を取りたい方はこちら

 

スポンサーリンク