運転中のスマホは絶対NG!ながら運転罰則強化の反則金は?

こんにちは。現役指導員のカズキチ先生です。

いよいよ2019年12月1日から『ながら運転』に対してさらに厳しくなりましたね。

もうスマホをカーナビ代わりにすることも安易にできなくなりそうですね。。

どのような規則になったのか今からしっかりインプットしておきましょう。

●『ながら運転』の違反点数・反則金は?

【携帯電話を使用して交通の危険を生じた場合】

□違反点数

 
改正前 2点→改正後6点 (即免許停止)
※酒気帯び:改正前14点→改正後16点 (即免許取消し)

□反則金
  • 大型 12000円
  • 普通 9000円
  • 二輪 7000円
  • 小特等 6000円

改定後:全て非反則行為とみなされ罰則が適用される

【携帯電話の使用・保持】

□違反点数

 
改正前 1点→改正後3点
※酒気帯び:改正前14点→改正後15点 (即免許取消し)


□反則金
  • 大型 7000円
  • 普通 6000円
  • 二輪 6000円
  • 小特等 5000円

改定後

  • 大型 25000円
  • 普通 18000円
  • 二輪 15000円
  • 小特等 12000円

カーナビ代わりのスマホもダメなの!?

最近ではカーナビではなく、スマホをカーナビにした方が便利ということもあり、スマホを取り付けられるようなもので固定しながらカーナビとして使用している人も多いですよね。

僕もその一人です。

だって、車についているカーナビはどんどん情報が古くなってしまうから。

それならスマホでナビした方が全然手っ取り早いし、何と言ってもリーズナブルに済みますよね。

ですが、スマホのナビもカーナビもは2秒以上見ていると…

2019年12月からは、ながら運転と見なされて、

6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金を課される可能性があります。

また反則金もこんなに取られてしまうのです。。

普通車:18,000円
大型車:25,000円

点数にするとマイナス3点ということ。

これは現代人にとってかなりの痛手になるのではと思います。

ただ、本当にながら運転の事故は年々増えているので、こうでもしないとやめる運転手が少ないもの現状と言えるでしょう。

結論:とにかく運転中は目ではなく『耳』を使って運転しよう!

まとめ

いかがでしたか?

今後さらに厳しくなってくると言われている交通ルール。

改定された罰則などを知らずに今まで通り運転していると、あなたもとんでもないことになってしまうかも!?

今のうちにしっかり予習して、安全運転を心がけてくださいね!