教習期限切迫!期限切れになる前に…

9ヶ月間の教習期限。学校や会社に行きながらや子育てをしながらの教習はなかなか思うように進まないようです。学科の時間帯が合わなかったり予定の技能教習を受けることができなかったりと気がつけば期限切迫。

どうにか延長できないかという相談をよく受けるのですが、これだけはどうすることもできないのです。私たちができることとすれば技能教習の予約を早めにとることくらい。

法律で決まった期限は教習所の判断ではどうすることもできないのです。
できるだけ、教習期限内に卒業できるように予定を立てましょう。

スポンサーリンク



教習期限の始まりはどこから?

手続きをした日がスタートのような感じがしますが、教習期限のスタートは入校式を受けた後、先行学科1番を受けた日から始まります。この日から9ヶ月間の中で教習所を卒業することを目指します。

期限の終わりは卒検ではない!

教習期限は、教習を行うことができる期限になります。最短で二段階の19回目の教習がみきわめになりますのでこの見極めをもらうまでが教習の範疇。卒業検定は教習期限が切れても受けることができますので安心してください!

検定にも期限があります!

2段階みきわめ後、卒業検定を合格するまでにも期限があります。これは、見極め合格後3ヶ月以内に卒業検定に受からないと全てが白紙に戻されてしまいますので見極め合格後は早めに卒業検定を受けましょう。

一段階半ばで期限切迫の場合

このままいくと一段階半ばで期限が切れてしまいそうな場合は、まずどこまで進んでいるのかを整理しましょう。やるべきことは学科教習を全て終わらせ仮免前効果測定を合格すること。さらに、修了検定に合格し仮免学科試験に合格をします。

期限切れまでに仮免許証をもらうことを目指しましょう。仮免許証があれば教習所に再入校することができます。仮免許を所持したまま再入校すれば第二段階から教習を再開することができます。

仮免許所持で入校した場合の期限

再入校していますので、教習期限は9ヶ月間と復活します。しかし、注意しないといけないのは仮免許証にも期限があるということ。仮免許証の期限は発行から6ヶ月間になります。

仮免許証がなくなると教習も技能検定も行うことができませんので仮免許証だけは切らさないようにしましょう。

教習期限あり、仮免許証の期限切れの場合

二段階教習中に、仮免許証の期限が切れてしまった場合。この場合は、もう一度一段階の技能検定(修了検定)と学科試験(仮免学科)を受ける必要があります。仮免許証が復活するまで教習はできませんのでご注意を!!

なにはともあれ、教習所にすぐに相談して下さい

期限切迫などで悩んだ時はすぐに教習所にご相談ください。早ければ早いほどたくさんの道が開けますしいくつか皆様をお救いすることができます。期限終了1ヶ月前までは絶対に諦めないでくださいね!

私も、日々教習業務を行う中でたくさんの相談をうけます。相談してきてくれた方々の中に卒業できなかった人は1人もいません。

教習所に相談しにくかったら、いつでも一緒に考えますよ!!

一人が抱えずに、無事卒業できる道を考えましょう!!

スポンサーリンク


危険予測ディスカッションって何するの?

二段階技能教習項目13 危険セット教習とは技能教習と学科教習をセットにした2時限続きの教習になります。教習生3人に対し指導員が1人で行う教習。初めて路上で他人を乗せて走る教習になります。

危険セット教習実施方法(実車による教習法)

実車で、危険セット教習を行う場合は3人いる教習生に交互に運転をしてもらいます。1人は運転残り二人は観察教習になりますので、眠らないように注意(笑)

スポンサーリンク


観察するのは自分が運転している時と、後部座席で観察している時の視野や見えるものの違い。もちろん座席が違うので同じようには見ることができませんけど観察中の方が心にゆとりがうまれすので見やすくなるのでいつも以上に危険な場所や危険な状況を把握することができます。

初めて路上運転により他人の運転を見ることになりますので、ここで自分と前者の運転操作の違いなどをしっかり確認しておきましょう。

普段MT車に乗っていて危険セット教習だけAT車に乗るような場合はMT車とAT車のエンジンブレーキの違いなども確認しておきましょう。

 

2時間目、危険予測ディスカッション

運転が終わると今度は教室に戻りディスカッションの時間になります。ここで、それぞれ運転した時の感想や観察した時の感想などを皆でディスカッションをしていきます。

話すのが苦手な人は次の項目を控えておくと楽チンです!

・他人の運転を見てよかったところ(自分と違ったところ)

・他人の運転を見て悪かったところ(自分と違ったところ)

・危険な場所(横断歩道や小学校付近や団地など人が多そうなところをピックアップ)

・危険な場面(例・駐車車両の隙間から歩行者・駐車車両のドアの開閉、急発進など)

上記4項目を控えておくことで話すネタが生まれますので運転前に参考にしてください!

運転は、実車意外にシミュレーターを使う場合もあります

実際に運転をするのではなく、シミュレーターを利用し路上運転を行う場合があります。この場合は、実際に起こりうる危険を映像で再現していますので歩行者や自転車があたりにくるような場合もあります。運転の自信を無くさせるためではなく実際に危ない場所を再現しているだけなのでトラウマにならないように気をつけましょう!

 

その他、危険セット教習で大事なこと

いろんなパターンを知ることで危険な状況は回避できるようになりますし、常にネガティブな想像をしてみるのもありでしょう。恐さを忘れてしまうと危険は回避できません。

慣れが事故を呼び寄せることもありますので、忘れないようにしましょう。危険な場所は、見える危険だけではなく見えない危険も想像してみることでたくさん見つかります。

不安な方はいつでもカズキチ先生に連絡くださいね!わからないことをわからないで終わらせないのが一番です。

 

スポンサーリンク


カズキチ日記・ペーパードライバーのおばぁちゃんのお話

私が何度か担当したペーパードライバーのおばぁちゃん。

車に乗るのは40年ぶりとのことで、一からやり直すつもりで練習に来てました。歩くのもやっとなこのおばぁちゃんはなぜ再び運転をしようと思ったのか…。最初は全く理解できなかったし「もう危ないからやめたら?」となんども思いました。

ある日、そのおばぁちゃんにこんな質問をしてみました。

スポンサーリンク


「車に乗る予定はあるの?」と。

高齢者になると、免許更新のために認知機能検査や運転の講習があるため高齢者講習の前に練習したいという方はよく見かけます。そんな感じなのかなと想像して質問したんです。

おばぁちゃんはいいました。

「息子が亡くなって、形見の車が庭にあるのよ。車を見ているだけだと ただ ただ 悲しくなるから息子の車を走らせていろんな車を見せてあげようと思うの」と。

思っていた以上の答えで胸が苦しくなりました。ただ、講習を切り抜けるだけのペーパードライバー教習なのかと思っていたのに実は本気で奥が深かったことに反省。

人それぞれ、たくさんの想いを抱えていきていて 人を思う気持ちというのはどんな壁にさえ立ち向かう勇気をくれるのだと教えられました。

40年前までは、毎日運転し高速道路なども走行していたそうです。ある日、高速道路を走行中に前に走る車両の荷台から荷物が飛んできたそうです。

飛んできた荷物はおばぁちゃんの車にあたり車は全損おばぁちゃんは怪我をしたとか。それ以来車が怖くて乗らなかったと言います。

そんな恐い思いをしたのに、息子を思う気持ちから一歩前に踏み出したおばぁちゃんを尊敬します。

 

スポンサーリンク